社会保険労務士(社労士)に合格するための入門完全攻略マニュアル” はロックされています。 社会保険労務士に合格するための入門完全攻略マニュアル

社会保険労務士(社労士)は過去10年の合格率が平均7%程度と、一般的に非常に難易度の高い試験であるため、ただ闇雲に勉強をし始めても、徒労に終わってしまいます。

だからこそ、社会保険労務士(社労士)試験の勉強においては、

  • 合格に直結した戦い方

を知ったうえで、勉強に望めるかどうかが重要です。

なぜなら、サラリーマンでありかつ子育ても同時に頑張るなど、日々忙しく過ごす頑張るあなたの合格が加速度的に高まるからです。

社会保険労務士(社労士)の試験合格を目指すにあたって勉強効率を高めるための情報やノウハウを包み隠さずお伝えしていますので、あなたの社労士試験対策のバイブル本としてご活用いただけたら幸いです。

試験制度を知って社会保険労務士(社労士)全体の概要を理解しよう

社会保険労務士(社労士)試験内容

社会保険労務士(社労士)の試験制度はオフィシャルサイトに掲載されているものの、説明が難しい部分も多いため、よほどの天才でない限り、全てを理解するのはハードモードなのが現状です。

社会保険労務士(社労士)の合格率や試験日、試験科目、受験資格など試験を受けるのであれば、まず最初に知っておくべき試験概要について、極力かみ砕いた表現でご紹介しています。

試験制度の概要を理解する

社会保険労務士(社労士)の難易度や合格率はどのくらい?

社会保険労務士(社労士)難易度

社会保険労務士(社労士)の過去10年平均の合格率は6.6%であり、難関国家資格に位置付けられます。

そんな社会保険労務士(社労士)の難易度が実際どれくらいなのかを把握できるよう、合格率には表れない本当の難易度についてお伝えしています。

合格率には表れない本当の難易度

最短合格したいなら絶対知っておくべき社会保険労務士(社労士)試験への考え方

社会保険労務士(社労士)最短合格

社会保険労務士(社労士)の試験に最適な勉強法を勉強開始前に知ることが、最短合格を目指すうえでは、非常に重要です。

それは試験科目が10個も存在するため、教科書を隅から隅まで覚えることはナンセンスであり、多くの時間を割けない社会人の勉強法としては非常に非効率です。

だとしたら、社会保険労務士(社労士)試験に合格するために必要なことは何か?

そのヒントと裏技を詰め込んでいます。

最短合格するための勉強を大公開

社会保険労務士(社労士)を合格するために必要な"超シンプル”な学習・勉強スケジュール

社会保険労務士(社労士)スケジュール

社会保険労務士(社労士)を制するには、闇雲に勉強をするのではなく学習・勉強スケジュールの戦略的な立案と実行が何より大切です。

そこで、最大の学習効果を発揮できるように各科目の特性を踏まえた"超シンプル”な最短合格の勉強戦略をお伝えしています。

最短合格におすすめの勉強スケジュール

最短合格するためには社会保険労務士(社労士)の過去問を必ずマスターすべき

社会保険労務士(社労士)過去問

社労士の試験だけでなく、国家資格全てにあてはまることでもありますが、過去問は最高の教科書です。

過去問を実力試しのために使うため直前期ではじめて解くなど、間違った勉強法で学習をしてしまうと、社会保険労務士(社労士)試験は大失敗に終わります。それは、予備校に通い、学習ノウハウが詰まった教材を使用している・いないに関わらずです。

最短距離で社労士の合格を目指すために、究極にシンプルでありなおかつ王道な勉強法である過去問の演習によって効率的に地力を養成するノウハウを知り、最短合格への階段を駆け上がりましょう。

過去問の使い方はこれだけ抑えればOK

社会保険労務士(社労士)の勉強は通信講座と独学のどちらにすべき?

社会保険労務士(社労士)通信講座と独学どっち

社会保険労務士(社労士)の合格を目指すうえで、どの勉強形態を選択すべきかは非常に重要です。

しかし、仕事が忙しいサラリーマン(社会人)でなかおかつ値段的にも高くついてしまう通学講座の選択は、現実的に難しいため、残りの選択肢である「通信講座」と「独学」の二択となります。

その際に直面する通信講座か独学かでどちらにすれば良いのか大いに迷った実経験から、両者のメリット・デメリット、どんな人が向いているのかについてご紹介しています。ネタバレですが、私的な結論は通信講座一択です。その理由をぜひご覧ください。

通信講座一択な理由を知る

コスパ最強の社会保険労務士(社労士)のおすすめ通信講座

社会保険労務士(社労士)通信講座

社会保険労務士の通信講座を検討する中で、考えるべき大きな要因に価格(費用)が存在します。大原やTACなどの大手専門学校で勉強できるのであれば、それに越したことはありませんが、20~30万ほどする受講料を払うだけのお金がなく悩んでいる場合はどすればよいか。

私自身がその経験をしてきたことから、価格(費用)は安いけど品質の高いコスパ最強の通信講座【無料あり】をご紹介します。

安く抑えながら合格を目指すなら

価格(費用)重視のコスパ型を選ぶならフォーサイトの社労士(社会保険労務士)通信講座

フォーサイトの社会保険労務士講座

社労士の主要通信講座の中で、フォーサイトは価格がダントツで安く、価格重視型のコスパ最強通信講座です。

価格が安いだけでなく、平成30年度の社労士試験全体の合格率が6.3%であったのに対し、は25.7%と4人に1人が合格するほどの実績もあります。

しかし、本当にそんな上手い話があるのか?詐欺とは言わないまでも何か裏があるのではないか?と感じる方向けに、フォーサイトの行政書士講座を実際に教材やアプリを使い、講座を経験した感想や口コミの結果をストレートにお伝えしています。

フォーサイト社労士講座の評判をみる

サービス品質重視のコスパ型を選ぶならクレアールの社労士(社会保険労務士)通信講座

社会保険労務士(社労士)クレアール

社労士の主要通信講座の中で、クレアールは価格2番目に安く、それでいてテキストや講義の内容が非常にわかりやすいため、サービス品質重視型のコスパ最強通信講座です。

そこで、クレアールの社労士講座のHPにメリットは記載されていますが、デメリットは存在しないのか?本当に信頼できる講座なのかが不安な方向けにて、実際に受講した私の率直な感想(良い点・悪い点)をお伝えしています。

クレアール社労士講座の評判をみる

独学で社会保険労務士(社労士)を目指すのにおすすめのテキスト

社会保険労務士(社労士)おすすめテキスト

社会保険労務士(社労士)に独学で合格するにはテキスト選びが重要なのですが、市販テキストの数が多すぎてどれを選ぶべきか悩んでしまう方が多いのも事実です。

そんな悩みを持った方向けに、厳選に厳選を重ねた4冊のみをご紹介しています。

独学におすすめのテキストの正体

Copyright© しゃろまに【社会保険労務士(社労士)の独学を応援するブログ】 , 2019 All Rights Reserved.